Aminoacid Boy and the Chaos Order di Diego Lazzarin

Quando è un’istanza comunicativa a spingere l’autore a creare un’opera, beh, non c’è niente che possa fermarlo. Le pagine di Aminoacid Boy and the Chaos Order trasudano ispirazione, lavoro meticoloso e decisione. Diego Lazzarin imposta un fumetto con una narrazzione piuttosto lineare, per lasciare spazio alla espressività delle illustrazioni. Lo stile di Lazzarin, seppur abbia … Continua a leggere Aminoacid Boy and the Chaos Order di Diego Lazzarin

Fumetti e spade – Intervista a Oral Giacomini di Snuff Comix

Se c’è una fanzine italiana che incarna a pieno i canoni stilistici del d.i.y. questa è sicuramente Snuff Comix, ormai un’istituzione nel panorama del fumetto punk underground. Nata nel settembre 2013 è una realtà fumettistica completamente libera e outsider. Nelle pagine Snuff (nome che si riferisce ai presunti video amatoriali di torture e uccisioni realmente messe … Continua a leggere Fumetti e spade – Intervista a Oral Giacomini di Snuff Comix

Becomix – Save the tiger! by Marco Corona and Juan Scassa

SAVE THE TIGER! (translation below)     Save the tiger! Based on a true story. Girl: Ehi! What’s the matter?! Guy: I’ve been looking for Wolverine’s Save the Tiger the whole day, but I had no luck… Girl: Have you searched on Becomix? Guy: Here it is! And it’s even cheaper! Gotcha! END Story: Juan … Continua a leggere Becomix – Save the tiger! by Marco Corona and Juan Scassa

Appunti su Nejishiki di Tsuge Yoshiharu

Quest’anno, probabilmente, l’uscita editoriale più importante in Italia è stata la traduzione de L’uomo senza talento di Tsuge Yoshiharu: l’ edizione Canicola tenta di colmare un’assenza ingiustificata di uno degli autori giapponesi più amati e più influenti. L’opera di Tsuge però non manca solo in Italia: se Munō no Hito è arrivato in Francia e Spagna … Continua a leggere Appunti su Nejishiki di Tsuge Yoshiharu

I mostri della pietà filiale – The Box Man di Imiri Sakabashira

Se amate gettarvi i viaggi psicotropi, se vi siete persi ne La Deviazione di Moebius e se coltivate incubi giapponesi nella vostra libreria, The Box Man di Imiri Sakabashira fa decisamente al caso vostro. Lontano dal reame del fumetto tradizionale, The Box Man riassume vent’anni di fumetto di avanguardia giapponese. Pubblicato a puntate sulle pagine … Continua a leggere I mostri della pietà filiale – The Box Man di Imiri Sakabashira

Un lungo giro in barca con Fitzgerald – Cerebus Going Home

Cerebus Going Home è sia il titolo del tredicesimo libro di Cerebus, sia il titolo dell’arco narrativo che include anche il volume successivo Form & Void. In realtà i capitoli di Going Home (arco narrativo) sono tre: il primo volume ne contiene due, il corto Sudden Moves e Fall And The River, mentre il terzo … Continua a leggere Un lungo giro in barca con Fitzgerald – Cerebus Going Home

Salva la tigre – Un mini fumetto di Marco Corona

Marco Corona, a cui abbiamo fatto un appello pubblico per la ripresa della serie L’ombra di Walt, ci regala due splendide tavole promozionali per la nostra piattaforma! E voi che aspettate a registrarvi? Avete fumetti da vendere? Ne cercate? Avete voglia di costruirvi una biblioteca virtuale? Becomix è il sito che fa al caso vostro. … Continua a leggere Salva la tigre – Un mini fumetto di Marco Corona

Videogame, dark music e cut-up: Dance in the Dark di Suda e Takeya

Il genere Noir* descrive il tempo e scenari lontani dal quotidiano. Dalla comparsa dei videogiochi è sempre più facile imbattersi in opere che ti facciano vivere i sospetti di mondi nuovi. Il game designer Suda Goichi** sguazza nel Noir e dagli anni 80 propone opere con bizzarri ibridi culturali. Kurayami Dansu- Dance in the Dark … Continua a leggere Videogame, dark music e cut-up: Dance in the Dark di Suda e Takeya

A charming mix of funerals, videogames and dark music: Dance in the Dark -暗闇ダンス

ノアールは日常から遠ざかった光景と時間を描く。video-gameというフォーマットが出来上がってからは、その世界そのものに干渉できるようになり、疑似的にその世界の住人になれる作品が多く作られた。ゲームデザイナーSuda51は正にノアールと言える世界観に、70年代末以降のカルチャーを混ぜ合わせた奇妙な作品を生み出し続けてる。『暗闇ダンス』はゲームではなく、マンガだが、ノアールの中で踊り、夢を見る時間を描き出す。ゲームは須田を魅了してきた作品が出た時代には存在していなかった。これは須田の原体験に数えられるものたちに並ばんと挑まれた作品だ。 カフカの『城』をモチーフにして、その上にレイヴ、ポストパンク、ロボット・アニメに代表されるオタク・カルチャー的なアクションがmixされた混沌の世界は、淡白な絵によって中和され、スライドショーのようにドライな雰囲気を醸しだす。   『暗闇ダンス』は須田剛一と竹谷州史による作品で、かつて須田が作る予定だったゲーム『KURAYAMI』のプロットをリライトしたものがシナリオに使われている。『KURAYAMI』以外にも、須田が過去に手がけたゲームの要素が沢山盛り込まれている。 主人公の航はバイクで時速300キロを出すことで、死に限りなく近付いた。その結果、彼は事故に遭い、3年間の昏睡状態に陥ってしまう。目覚めると住んでいた街の向こうに巨大な「王国」が出来上がり、多くの人々はそこへ移住してしまった後だった。航の仕事は葬儀屋で、仕事に復帰した彼は王国へ棺を届ける依頼を受け、霊柩車でそこへ向かう。事故から目覚めた時、航にしか見えず、彼としか話せない幻覚、後に作中でシャリアと名付けられる彼(?)をが相棒となり、バディ・ムービーは始まる。 『暗闇ダンス』のストーリーは航が王国へとたどり着くまでに経験する出会いと幻覚と目覚めの連続だ。メインテーマは死そのもので、ゲームデザイナーになる前に実際に葬儀屋として働いていた須田が当時感じていた「死」への感覚は、そのまま航の人格に投影されている。死はあっけないものだが、見過ごされる程に軽くない。ストーリーは、死があるからこそ、それ以外の時間があるという観点が貫かれている。自暴自棄、破滅主義、退屈な現実こそ幻覚という視点は須田が心酔するロック・バンド、Joy DivisionのIan Curtisの世界観から汲み取られたもので、須田が尊敬する先人たちの多くはIanのように早くに亡くなってしまった者だ。しかし、その死そのものを賛美しているわけではない。生きたまま死ぬことから離れるために命を燃やす、この矛盾しているような試みに須田は魅せられ、己自身にそうであれと命じている。それは、航が繰り返すセリフ、「ここからの人生は延長戦だ」に集約されている。 須田は多数の趣味を持ち、それをコラージュのようにストーリーに貼り付けている。先ほど書いたように、彼はJoy DivisionやNew Order、The Durutti ColumnやThe Smith、そしてNirvanaといったバンドを好み、彼らの主義や思想を登場人物に流し込む。Kurt CobainやIan Curtisが辿った自殺という結末は須田にとって非常に大きなモチーフとして在り続け、彼は作品の中で何度もそれを否定することで自らの意思を表明する。更に、 Ian Curtisも愛読していたJG Ballardの『CRASH』、『The Atrocity Exhibition』、William Burroughsのcut up methodのように、『暗闇ダンス』のストーリーや人間同士のやりとりは理屈や筋道を省略し、イメージを直接描写され続ける。航の自殺的な疾走、幸せの果ての拳銃自殺、永遠に死に続ける幼馴染、新しく刷り込まれる過去、存在の不確かな友人と母親。混乱したプロットに囲まれ、航の決断と感情だけが『暗闇ダンス』で唯一確かなものとなる。伝統的な日本のマンガとは異なる、極端な多様性をカットアップ的にばらまくことで、そのシチュエーションはサイケデリックとも呼べる域に達している。漫画のように、たくさんの絵が並んでいるメディアとの相性も良い。 『Killer 7』などの、須田の代表作を遊んだことがある人は、この瞬間的な快感の連続を彼の魅力だと考える。めちゃくちゃにコラージュされた『暗闇ダンス』のイメージを上手くマンガに出来たのは、竹谷の絵があってこそだ。Joy DivisionやSmithの内省的または刹那的な世界観が、美しい曲に乗せられることで受け入れられたように、バラバラになる寸前の『暗闇ダンス』を繋ぎ止めているのは絵の力が大きい。その危ういバランスがこの作品の魅力でもある。 しかし、バランスを保ち続けることは、こうした作品のアイデンティティを破壊する。だから『暗闇ダンス』が2冊で終わったことは必然であり、美しい結末だ。終わりが近づくと、ストーリーの破綻は更に強くなり、1年かけて描くストーリーが1週間に圧縮されたように感じる。 あまりに展開が突然すぎるシナリオが、転じてカットアップ的な作品の個性を強くする。最終話を見た後にまた第一話を読んでみると、両者はほぼ同じものだとわかるだろう。『暗闇ダンス』は第一話で既に完結している一方で、最終話は終わりではなく航の日常の息継ぎ、video-gameで例えれば、セーブポイントでもある瞬間なのだ。 Article written by Hirayama Yu. Italian translation by Juan Scassa. 暗闇ダンス – Dance in the Dark has been listed in the Becomix database! You can put … Continua a leggere A charming mix of funerals, videogames and dark music: Dance in the Dark -暗闇ダンス

Le gag più esileranti di Cerebus in Hell

cerebus in hell??? Per festeggiare il quarantesimo anniversario dalla nascita di Cerebus, Dave Sim decide di riprendere in mano la sua creatura dodici anni dopo l’ultima issue, proponendo una mini serie in cinque numeri, Cerebus in Hell?. Seppur il titolo possa sembrare uno spoiler per chi non ha finito l’epopea, non si può considerare come … Continua a leggere Le gag più esileranti di Cerebus in Hell